mt masking tape

COLUMN
コラム

横浜駅みなみ東口から直通で行ける新しいエンタメビル「ASOBUILD(アソビル)」がオープン。

内覧会へ行ってきました!!

asobi001.jpg

駅から繋がっているので、雨にも濡れず、たどり着けます。

エントランスにはインパクトのある看板が!

「アートとテクノロジーの融合」がこのビルのコンセプトでもあり、

建物内のあちこちには、新進気鋭のアーティスト作品が展示されています。

asobi008.jpg

こちらは「magma」の作品「JUNK LAND」。

様々な素材を手作業で組み合わせて創り出す、独自の世界観を得意とするアーティスト。

壁一面がカラフルな色や質感の物体でコラージュされ、

不思議な存在感を醸し出しています。

asobi003.jpg

ビルはB1Fから4F、屋上まで様々なコンテンツが盛りだくさん。

飲食やバースペースもあり、エンタメ体験コーナーあり、スポーツコートもありますが、

今回メインで紹介するのは、ハンドメイド体験フロア。

と思って、3階へ上がると、まずは広場のようなスペースで、

アーティストが壁に絵を描いています。その傍にはギターを弾く人が!

「Music & ART & Peace」と名付けられたイベントで、

アフリカを渡り歩きながら活動するアーティスト・鈴木掌産のライブペインティングと

ミュージシャンRickie-Gさんのギターの音色が融合。

子供も大人も自由に間近でアートを体験したり、音楽に合わせて踊ったり。

なんともゆるーく穏やかで楽しい雰囲気に満ちていました。

asobi006.jpg

その一方では、一心に陶芸に勤しむ作家の姿があります。

アトリエ+教室、のようなブースがいくつもあり、

作り手の作品を鑑賞したり、実際にもの作りを体験したりできるそうです。

オープンな空間なので、ふらりと気軽に立ち寄りやすく、作品も観やすいです。

陶芸の他には、キャンドルやフラワーアレンジ、アクセサリー作りなど、

20ジャンル200種類以上のものづくりワークショップが予定されているそうで、

国内では最大級のハンドメイド体験フロアとなっているとか!

asobi007.jpg

この日はハンドメイドアーティストの手づくり市のようなイベントが開催されていました。

ものづくりの教室へ行きたいけれど、どんな雰囲気なのか、どんな先生がやっているのか不安で、

今一歩踏み出せない、という方は、こういうところで探してみてはいかがでしょうか?

思いがけない出会いがあるかもしれません。

asobi004.jpg

asobi005.jpg

ハンドメイドやDIYを楽しめる素材や道具、書籍なども多く販売。

広々とした空間で、ゆっくり材料選びができます。

asobi002.jpg

2階はガラリと雰囲気が変わって、

リアル脱出ゲームや、うんこミュージアムなど、面白愉快なエンタメコンテンツが色々ありました。

写真はうんこミュージアムですが、うんこを被ったお姉さんが説明してくれて、なかなか斬新な体験です。

子供が遊べるスペースも多いので、家族で楽しむにも嬉しい。

アート、エンタメ、ものづくり、スポーツ、と今までありそうでなかった

コンテンツがあれこれ一同にぎゅっと詰まった、まさに「アソビル」。

ゆるーく自由で、いい意味できちんとしていない感じが良かったです。

文化祭のような手作り感もあり、アーティストレジデンスのようで、

人間味があって、なんとも親近感を感じるビルでした。

ぜひ遊びに行ってみてください。

-------------------------------------------

ASOBUILD(アソビル)

https://asobuild.com

今年も開催されていました、JAPAN BRAND FESTIVAL(ジャパンブランドフェスティバル)。

2019JBF001.jpg

渋谷ヒカリエの8階へ行ってきました。

詳しくはサイトを見ると、その取り組みについて書かれていますが、

ものすごく緩く要約して書くと、例えば日本でものづくりをする人と、それを世界へ売りたい人、その活動を日本文化としてサポートしたい人などなどが、立場を超えて自由に出会える場所作り、というのがこのイベントの大きな目的です。

今回特に気になって立ち寄ったブースは「HOKKAIDO TO GO」。

私自身も別の形でお手伝いさせていただいたプロジェクトです。

2019JBF002.jpg

ユニークな視点で、北海道の魅力を新発見・再発見し、伝えて行くというミッション。

今回は、道内3地域のお土産品を、国内外のデザイナーとマッチングさせてリブランディングし、

新しい商品に生まれ変わらせるという事例が紹介されていました。

2019JBF003.jpg

2019JBF004.jpg

釧路からは、焼き菓子とプリン。

プリンは、釧路湿原の霧をイメージして、和紙の包み紙を使ったデザインです。

ちょっと高級感がありますね。

プリン自体も、口溶け、味、色の3つの切り口で、食べた人が霧を感じるように開発したそうです。

プリンに使われている釧路の牛乳は、牛が海霧の浸透した牧草を食べていることで、こくが深まるのだとか。

プチサプライズとして、釧路の海の香りをイメージしたお香がオマケについてきます。

下の写真の焼き菓子は、元々ロングセラーである商品「釧路湿原紀行」をリデザイン。

今までブルーベリージャムの入った焼き菓子でしたが、新しいものはハスカップに変更予定だそうです。

パッケージには釧路湿原の風景と、そこに暮らす様々な動植物を描いています。

豊かな自然の魅力をもっと知ってもらいたいという思いが込められているそうです。

2019JBF005.jpg

これすぐ欲しいと思ってしまった、りんごパイ!

余市町のりんごを使い、パッケージは施設利用者さんたちが組み立てやすいように、

作業効率に配慮しているそうです。

シンプルで可愛いし、お土産にしたくなりますね。

2019JBF006.jpg

こちらはつまみに良さそうな、余市町の「BAKU BAKU NISHIN」。

身欠きニシンを現代風の味付けに加工したものです。

地元では子供から大人まで大人気の商品だそう。

唐辛子、ガーリック、黒胡椒の三種。

今までは、本当にザ・つまみという風情のビニールパッケージでしたが、

筒状のボックスに入れて、ギフトにもできるようになりました。

2019JBF007.jpg

最後にこちらはドレッシング「カレーなるサラサラマサラ」。

北海道といえば、スープカレーが有名ですが、また新たなカレーブームを狙ってる?!

外国人観光客にも人気のカレー。インバウンドへの訴求も目的としているそうです。

玉ねぎ生産量日本一!の北見市の玉ねぎを使用しています。

商品名は社長のアイディアだそうで、ユーモラスな響きが、つい手に取ってみたくなりますね。

----------------------------------

JAPAN BRAND FESTIVAL

http://jbfes.com

HOKKAIDO TO GO

https://hokkaidotogo.com

先週月曜日放送のEテレ「趣味どきっ!」見ましたか??

etele001.jpg

マスキングテープが特集されていましたよー。

月曜日は「暮らし彩るデコスタイル」にて、「マステ 失敗なし!壁は自由なキャンバス」を特集。

マスキングテープで簡単に部屋のインテリアをイメージチェンジできる様々な方法を紹介していました。

etele002.jpg

講師は、以前このブログでもご紹介したことがある、

暮らしの装飾家のミスミノリコさん。

(テレビの画面をパシャッと写メしたので、変な光が入っててすみません)

生徒に、りゅうちぇるさんと、皆藤愛子さんが出演されていました。

etele003.jpg

目からウロコの素敵アイディアが次々と登場し、つい画面に見入ってしまいました。

ミスミさんのデザインは、ワクワクするような楽しさと、

シックなセンスが同居していて、とっても素敵なのです。

2月11日(月)は午後9時より、第2回が放送されますので、

どうぞお見逃しなく!!

------------------------------------

Eテレ「趣味どきっ!」

http://www4.nhk.or.jp/syumidoki/

お菓子好きなみなさんは、すでにもうご存知のことと思いますが、

2月1日発売のこれ。「スウィーツ」切手です。

sweetsstamp01.jpg

これはもう、即郵便局に走るべき!!

ちゃんと実在する洋菓子・和菓子店のスウィーツが紹介されているんです。

sweetsstamp02.jpg

一つ一つにちゃんと、店名とお菓子名が明記されています。

店のスペシャリテというべき、代表的なお菓子がデザインされています。

スウィーツファンにはたまらない切手ですね!!

きっと人気が出そうなので、早めの入手をお勧めします。

--------------------------------

郵便局

https://yu-bin.jp/kitte/0119/

ある日、地下鉄の通路を歩いていると

shinyoko002.jpg

こ、これはもしや・・・

以前、東京メトロの竹橋駅でも見たことがある!

(先日久しぶりに竹橋駅を降りたら、まだ残っていました)

shinyoko003.jpg

竹橋の方がグラフィカルで不思議な模様のようでしたが、

こちらはシンプルな横線が中心。

何かの補修工事のためだと思われますが、思わず見てしまいます。(って私だけ?)

mtを壁面アートへの活用としてもっと使ってみてもいいのでは、と思います。

貼っても簡単に剥がせるのがmtの魅力!!

shinyoko001.jpg

市営地下鉄の新横浜駅でした。

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(今さらですみません)

munari002.jpg

拳を振るう手前の銅像がちょっとシュールな写真になってしまいましたが、

新年早々、世田谷美術館で開催中の

「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」展を観に行ってきました!

munari003.jpg

館内は撮影禁止のため、チラシとチケットのみ載せますが、

このチラシがすでにかっこいい。そしてブルーノおじさんの愉快っぷりが伺える写真。

ブルーノ・ムナーリは、美術家でデザイナー。

イラストやコラムも書いているし、雑誌の編集もしているし、プロダクトも作っているっていう、多彩なアーティスト!

題名にある「役に立たない機械」とは、実際の作品名でもあり、

宙にぶら下がるモビールのようなオブジェで、風でゆらら〜っと動きます。

色の付いた木や金属の破片のようなものが糸で繋がっており、

見る角度や動きによって、見え方が変化します。影も刻々と変わる。

作品の作り手だけじゃなく、見る人が参加することによって作品がいかようにも変化し、完成する。

ブルーノさんは、その面白さ、自分で創造する喜びを伝えたかったといいます。

展示の中でも特に面白かったのが、偏光器を使ったもので、用意された木枠を通すと、

箱の中に入っている半透明の様々な素材の破片たちが、色を帯びてキラキラする、という不思議な構造。

ここに書いても何のことか分かりにくい説明しかできませんが、

ワクワクする驚きがあるので、これは実際に体験してみて欲しいです。

どれも考えられた作品で、ブルーノさんのセンスと哲学が込められているのですが、

デザイン素人が観ても、単純に色使いがカラフルで楽しくて可愛い。

子供が喜びそうな、遊びをふんだんに交えた作品がたくさんある!

実際子供のための作品を多く作られています。

あとコラージュ作品も多いんですよね。mtを彷彿とさせる、

半透明の細いテープを何枚も重ね貼りして組み合わせた作品もあったりして。

ブルーノさんは伝統に囚われない「イタリア未来派」に属していたそうですが、

今の時代を生きていたら、どんなものを作ったかな?と想像するとワクワクします。

munari005.jpg

家に帰って本棚をひっくり返したら、昔買ったブルーノさんの本が出てきました。

munari006.jpg

デザインのスタイリッシュさに惹かれて買ったものでしたが、

今見ても新鮮であり、イタリア語が分からなくても

感性を刺激し、アイデアを沸かせるような本です。

今回の展示を見てから改めてページをめくると、また新しい発見があります。

munari004.jpg

美術館から外へ出ると、もう真っ暗でした。

木々の間に細い月が出ていて、ブルーノさんの絵本みたいでした。

世田谷美術館の展示は1月27日まで開催しているので、ご興味ある方はぜひ。

---------------------------------------------------

世田谷美術館

https://www.setagayaartmuseum.or.jp

前回はセレクションボックスを中心にご紹介しましたが、

その他、心惹かれるパッケージ萌え、ヴィジュアル萌えしたチョコレートをご紹介します。

2019salocho003.jpg

まずはこちら。クリスティーヌ・フェルベールさん!

ドイツと国境に近いアルザス地方で、

地元の果物を使ったコンフィチュールが大人気のパティシエさんです。

毎回アルザスの郷土文化をイメージした可愛らしいパッケージが楽しみなのですが、

今回ももちろん素敵なデザイン。

自然の動物たちをあしらった、ナチュラルテイストのイラストレーションです。

2019salocho004.jpg

次はアルザスとは真反対側に位置する、

海沿いブルターニュ地方のショコラティエ、アンリ・ルルー。

レースの産地としても知られた地域ですが、とっても郷土色が出ています。

デザインにレースをたくさん取り入れて、すごく可愛い雰囲気♡

本物のレースや布テープをあしらったものもありますよー。

2019salocho005.jpg

こちらはややモダンな印象のパッケージ。

MR & MRS RENOUは、今年初登場のニューブランドです。

フランスのアンジェ出身ですが、スイスでチョコレートを学んだのち、ヴァローナに勤務。

2015年にM.O.Fパティシエを取得し、2017年にジュネーブにお店をオープン!!

これからが期待できそうな、新しいお店です。要チェック!!

2019salocho020.jpg

こちらは去年も登場していたけれど、やっぱり可愛いから載せてしまう!

なんでしょ、このイチゴはずるい!

2015年にヴァローナが開発し、注目を集めた新しいクーヴェルチュール「ドゥルセ」の

開発メンバーだったことでも有名な、ダヴィッド・カピイのチョコレートです。

今回は、パッションフルーツの果肉をカカオ豆に加えて発酵を行ったという、

またまたユニークなヴァローナのクーヴェルチュールを使った新作なども発表。

優しく爽やかなフルーツ味が、「自然」という今回のテーマにもリンクしているようです。

2019salocho006.jpg

最後にこの不思議なチョコレート。

ていうか、これチョコレートなの??っていうビジュアルですが・・・

こちらも初登場、2017年パリに店舗をオープンした新星、Choco²(ショコ・オ・キャレ)。

パトリック・ロジェやピエール・エルメで働いた経験を持つそうで、

パリでも注目度大のショコラティエです。

この独創的なアート感、クリエイティヴ感は、他にはない雰囲気!

食べていいのか戸惑うほどの完成度ですが、食べたときの食感もまたユニークなので、

ぜひ試してみてください!!

サロン・デュ・ショコラ2019は、2019年1月23日(水)〜29日(火)開催です。

(回し者ではありませんが、個人的に毎年楽しみにしているので勝手に宣伝!)

---------------------------------------------------------

サロン・デュ・ショコラ2019

http://www.salon-du-chocolat.jp

日本はクリスマス商戦真っ只中ですが、

早くもバレンタインのプレス向け新作発表会に行って来ました。

(...って行ったのは11月ですが...遅くなってすみません)

伊勢丹が主催するチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ 2019です!!

今回で第17回目。テーマは「ショコラは自然の贈り物」。

"Tous les gouts sont dans la Nature!"

そんなわけで、パッケージも自然を意識したデザインです。

2019salocho001.jpg

こちらは毎度スペシャルな限定セレクションボックス。なんと美しいことか!

フランス国家最優秀職人M.O.Fのショコラティエ部門認定シェフや、

フランスのショコラ愛好家著名人が行う格付け

「Club des Croqueurs de Chocolat(略して C.C.C)」で最高評価を獲得したシェフ、

最高峰パティシエで構成される「Relais Dessert(ルレ・デセール)」メンバー

などなど、錚々たるシェフの作品が集められた豪華チョコレートボックスなのです。

2019salocho002.jpg

こちらのコレクションのテーマは「Nature(ナチュール)」。

自然の植物をモチーフにしたエレガントなデザイン。

そして切り絵細工が本当にびっくりする繊細さ。(なので寄りで撮ってみました)

このようなボックスを作ってしまう日本人の職人魂に驚きます。

これは中身を食べても捨てられない!

16人のシェフが、各自惚れ込んだ素材がキーワードだとか。

個性的なボンボンショコラがぎっしり詰まった、豪華競演!!

手に取ったら震えてしまいそうなボックスですねー。

2019salocho010.jpg

こちらは温かみのあるイラスト。「Fruit(フルーツ)」がテーマです。

飾っておきたくなるような可愛い箱は、

パリのサロン・デュ・ショコラの主催者、フランソワ・ジャンテ氏がデザインしているそう。

これも捨てられないシリーズに決まり!!

チョコレートの原材料であるカカオも、実はフルーツ。

もちろん様々なフルーツとの相性良し!その違いを楽しめるボックスです。

ちなみに、もう一つあるカカオ模様のボックスは、「発酵」がテーマ。

チョコレートもカカオを発酵させて作っています。

発酵食品と組み合わせたボンボンショコラなど、

奥深い発酵の世界を体感できるボックスだそうです。

いやー、今回も楽しみでたまらない!!

次の更新ではその他、パッケージ目線、デザイン目線で気になったメーカーのチョコレートをご紹介します!

----------------------------------------------------------

サロン・デュ・ショコラ 2019

http://www.salon-du-chocolat.jp

外苑前のドワネルといえば、知っている人は知っている、

自然派ワインと北欧雑貨のセレクトショップ!

本当にセンスの良さが際立っている店なのですが、

今なんとフィンランドのイラストレーターでアーティストの

マッティ・ピックヤムサの作品展が開催されています。

マリメッコのテキスタイルなども手がけている、人気アーティストさんです。

doinelmatti001.jpg

木片に動物たちが描かれて、森の中のようなプレゼンテーション。

doinelmatti002.jpg

初日はたくさんの人が訪れていました。

素朴なタッチで、ほのぼのとした愛らしさがあり、モダンでアート性もある、

マッティさん独特の世界観が表現されています。

doinelmatti003.jpg

グッズもたくさん!!

メモやポストカードなど、ステーショナリー系が豊富です。

doinelmatti004.jpg

こちらの絵本も人気が高いそうです。

doinelmatti005.jpg

絵本と同じモチーフのトートバッグも!

これ、とっても可愛い。

doinelmatti006.jpg

さらに、この日はボジョレーヌーボー解禁日だったこともあり、

オリジナルワイングラスまで作ってしまったそうです!

ちょっとひょうきんなキツネとカモメの絵柄。キュートです。

マッティ・ピックヤムサの展示は12月4日までやっているそうなので、

興味ある方はぜひ行ってみてください。

--------------------------------------

doinel(ドワネル)

https://doinel.net

11月8日、東京駅からもほど近いビル、二重橋スクエアがオープンしました。

主に飲食店テナントが多かったのですが、そこで気になったのがここ。

erme001.jpg

ピエール・エルメ?

フランス菓子業界の巨匠です。

しかし店内に入ってみると・・・

erme002.jpg

?!?!?!

エルメ印の食材がずらり!!ここはフードデリ??

エルメ海苔、エルメビール、エルメ米!!

日本全国から集まった、エルメさん太鼓判の上質な食材が並んでいます。

この整然と並ぶインテリアも美しいです。

erme003.jpg

もちろんお菓子もあるんですが・・・

店内にはテーブルと椅子があり、ここで軽い食事もできるそうで、「bento」もあります!

ピエール・エルメが今までにない全く新しい業態にチャレンジ!!

日本の優れた商品を世界に発信するためのコンセプトショップだそうです。

店舗は世界でここだけ!すごい!!

erme004.jpg

食材だけでなく、雑貨もあり。

こちらは奈良の花ふきん。

残念ながら今のところmtはないですが、いつか置いてもらいたい!!

他にバッグやエプロンなどがありました。

従来のエルメさんのショップとまた雰囲気は一味違いますが、

いずれもデザインが良く、欲しくなるものばかり。

erme005.jpg

ちゃんと「ザッカ」と書かれていましたから、

これから新しいものが増えるかもしれないですね。

パティシエが始めた、全く新しい視点の食材とデリの店。

大注目です!!

-----------------------------

二重橋スクエア

https://nijyubashi.com

プロフィール

江澤 香織
インテリア、雑貨、料理、ライフスタイルなどを中心に、新聞・雑誌・広告・WEB等でフリーライター、コーディネーターとして活動。All Aboutにて雑貨ガイド担当。
http://allabout.co.jp/living/zakka/
過去の記事はこちら
ARCHIVE