mt masking tape

COLUMN
コラム

毎年行っている「ててて見本市」。

入場できるのはバイヤーやメディアだけなのですが、

ものづくりの作り手さんやデザイナーさんなどがたくさん集まっている見本市です。

まず訪ねたのは「つくし文具店」。

tetete-tukusi02.jpg

スタンダードで痒いところに手が届くような文房具、

小技の効いた、一捻りある文房具が揃っているように思います。

tetete-tukusi01.jpg

書き味抜群のつくしノート。

帳簿用の紙だそうで、筆の運びがスルスルとスムーズでとてもいいのです。

紙の色もほんのりとしたクリーム色で目に優しい配慮があるのだそうです。

tetete-kagoshima01.jpg

こちらはDoinel(ドワネル)で発売された鹿児島睦さんのシール!かわいい。

鹿児島さんて、元々は陶芸家だったような気がする(そのはず!)のですが、

今はそんな枠を軽々と超えて、多岐に渡った活動をされています。

tetete-kagoshima02.jpg

他にはモビールやポスターもありました。

tetete-hako.jpg

しかしDoinelはいつも変わらずセンスがいい。

フィレンツェのクラシカルなおしゃれペーパー、Caeta Vareseの箱なんて、

もらったら絶対に捨てられません。

店ではチョコレートを入れたバレンタイン商品も現在展開中!

tetete-tea.jpg

こちらは気になった、日本の在来植物でお茶を作っているブランド。

国産でノンカフェイン、農薬・化学肥料不使用栽培の伝統茶だそうです。

シンプルなパッケージがいいです。

tetete-konpeto.jpg

最後にこちら。

金平糖に見えるけれど、食べてみると、もっと軽くてサクサク!

「浮き星」というもち米に砂糖蜜をかけたお菓子です。お湯に浮くんだそうです。

新潟にある「明治屋」というお菓子屋さんが作っています。

みぞれ降る、寒さも甚だしいこの日、

ついに来てしまいました!

miura001.jpg

「みうらじゅんフェス!」in 川崎市民ミュージアム。

訪れた2月1日は奇しくもみうらじゅん氏の誕生日。

なんと還暦ですって。

60年の人生の中で、集めに集めたおびただしい数のマイブームが

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた驚異の展示。

要素が多すぎて過呼吸気味に鑑賞。

miura002.jpg

この「ケロリ新聞」の完成度の高さよ。

みうら少年が小学校時代に作ったものだそうです。

コラージュ具合が絶妙。

miura003.jpg

この怪獣コラージュも好き。

で、イラストが上手いんですよね。

ポエムも書けば、絵も音楽も。みうらさんの多芸多才ぶりに圧倒されます。

miura004.jpg

これなんてすごい。

一人一人のキャラクターの個性が出ていて、真面目に見入ってしまう。

miura-yurukyara.jpg

miura-iyagemono.jpg

もちろん、ゆるキャラやいやげもののコーナーあり。

これ全部みうらさんの私物なんですよね?!

他にも天狗とか、カエルとか、仏像とか、そしてみうらさんといえばエロスクラップ!!

一個一個にツッコミ入れたくなるのだけど、

細かく見ていたら、1日いても全く全然足りません。

私も当然時間切れ。

ちなみに展示は写真いくら撮ってもOKです。

一人の人間の内面をものすごく膨大に強烈な有り余るエネルギーで

やや暴力的にどっかーんと見せつけられた感じで、

続々とへっぽこオンパレードなのに、笑いと切なさと阿鼻驚嘆とで、

もう感情がブンブン振り回されるような展示でした。

やはりみうらじゅん師匠はすごい!!!

miura-mt.jpg

お土産にマスキングテープ買ってきました。

3月までやっているので、ご興味ある方はぜひ。

---------------------------------------------------

MJ's FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958

2018年01月27日-2018年03月25日

川崎市市民ミュージアム

https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/9910/

新宿NSビルにて、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が始まりました。

salon002.jpg

私は前夜祭に参加。

錚々たる有名パティシエが世界中から大集合し、

賑やかで豪華なお祭りでした。

salon003.jpg

出店しているチョコレートも可愛い&美味しいものがいっぱい!!

こちらはシンガポールのパティシエ、ジャニス・ウォン。

salon007.jpg

salon008.jpg

個人的に一押しです。おもちゃみたいにカラフルでキュート!!

今流行りのインスタ映え間違いなしのチョコレートですが、

ジャニスさんは、アジア最優秀パティシエに2度も選ばれた凄腕。

味だってすごいのです。

サロン・デュ・ショコラでは今回が初登場です!

salon010.jpg

チョコレートってパッケージも素敵なものが多いんですよね。

デザインを見ているだけで楽しいです。

フリスホルム、アケッソンズ、どちらも素晴らしいBean to Bar。

カカオ焙煎から手がけているチョコレートです。

salon011.jpg

こちらはマレーシアのチョコレート。可愛いパッケージ。

アジア勢頑張ってますね!

実はパレ・ド・オールの三枝シェフが監修・指導しているそうで、

味はお墨付き!!こちらも初登場です。

そしてさらに、今回のどびっくりは、

な、な、なーんと・・・

salon004.jpg

サロン・デュ・ショコラのオリジナル

マスキングテープが販売されていましたよー♬

ついに出ましたね!

これも初の試みです。

salon005.jpg

絵柄は3種類、ロゴ柄だけ大きさが2種類。

ひゃー。これはマストでしょう!!

チョコレートのイベントだけど、mtファンはこちらもお見逃しなく。

(エスカレーター降りて右側の、大きくない方のホール入ってすぐ右側ですよー)

"イベントにはオリジナルマスキングテープ"、という流れもすでに一般化しつつありますね。

mtの歴史文化⁈を片隅で長らく見つめてきた人間としては感慨深いです・・・

1月28日まで開催です。

---------------------------------------

サロン・デュ・ショコラ2018

http://www.salon-du-chocolat.jp

※今年から入場が有料になり、事前にチケット購入の必要があります。要注意。

1月ももう半ばで、お正月気分はすっかり抜けてしまいましたが、

こちらに書くのは新年初のため、改めてご挨拶を。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

このブログももうかれこれ何年??

相変わらずゆるい調子ですが、今年もまた、mtに関するお話や、

そこから広がるステーショナリー、アート、デザインなどについて、

幅広くお伝えできればと思っております。

さて、新年に届いた贈りもの。

rari001.jpg

クリエイターのRARI YOSHIOさんから、絵本とカレンダーです。

モノトーンの細い線で、とても優しいタッチで描かれています。

見ているだけで、気持ちがふわっと柔らかくなるようなイラストです。

rari002.jpg

カレンダーには、毎月草花が描かれています。

RARIさんは栃木県の那須高原に住んでおり、

日々草花と向き合う暮らしをされています。

こちらの絵も、日常の中で出会った自然の花や木がモチーフになっているのでしょうか。

植物を使ったディスプレイや、美しいアート作品も作っています。

rari003.jpg

絵本には、詩のような短いお話が綴られています。

じわじわと体の中に染み込んでいくように、

心が癒され、温かな気持ちになれるお話です。

辛いことがあった人、悩みのある人にも読んでもらえたら、

とRARIさんはおっしゃっていました。

とても素敵な贈りものをいただきました。

---------------------------------------

RARI YOSHIO

http://rari-yoshio.blogspot.jp

https://www.instagram.com/rariyoshio/

歩いていたら道端にひっそりと、こんな看板を見つけました。

ohagi01.jpg

なんと、おはぎ専門店です。

結構いろんな種類があるんですねー。中も賑わっているようです。

ついふらっとお店の中へ吸い込まれてしまいました。

ohagi03.jpg

手前にはつぶあん、こしあんのベーシックなおはぎが並んでいます。

おはぎがしまわれているのは、木の茶箱。

シンプルなディスプレイが素敵です。

ohagi04.jpg

わー!!

箱を開けたら、お花畑のようなおはぎ。お店の人もニコニコ。

中に木いちごのあんを包み、お花部分はバニラビーンズ入りのあんだそうです。

和菓子のような、洋菓子のような・・・一体どんな味なんでしょう??

ohagi05.jpg

おはぎを選んで丸い箱に入れると(3つから)、

マスキングテープは好きな柄を選べますよ。

種類もこれだけあると楽しいですね。

ohagi06.jpg

とっても美味しくいただきました!!

木いちごは甘酸っぱくてフルーティー。

チョコレートおはぎも、不思議とあんこと合います。

ごちそうさまでした。

--------------------------------------

タケノとおはぎ

instagram : takeno_to_ohagi

moritakumu001.jpg

和紙造形作家の森田千晶さんが、

日本橋のギャラリー「組む」にて展示をされていたので、

お伺いしてきました。タイトルは「草木譚」。

moritakumu003.jpg

moritakumu002.jpg

moritakumu006.jpg

moritakumu007.jpg

森田さんの作品は、本当にもう何度も拝見していますが、

毎度その荘厳なディスプレイには圧倒されます。

まるで不思議な夢を見ているかのよう。

これが全部和紙で、手漉きだとは、信じられない気分です。

しかも森田さんは、自分で和紙の原料になる木を育てていたりもするのです。

moritakumu008.jpg

moritakumu009.jpg

moritakumu010.jpg

今回は、「香りで巡る森」として、

会場のあちこちに、森、草木、花をイメージした香りが仕掛けられていました。

森の中を彷徨うように、場所によって違う、様々な香りが漂ってきます。

香りにふっと呼び覚まされるような感覚があり、心の中に情景が現れ、

この空間を一層幻想的に思わせるように感じました。

音楽会やお茶会も開かれたそうで、五感で楽しめる展示でした。

(展示はもう終了しています)

moritakumu011.jpg

------------------------------------------------

森田千晶(アトリエ線路脇)

http://senrowaki.com/chiaki

組む 東京

http://www.kumu-tokyo.jp

ポストにこんなものが入っていました。

ogibook004.jpg

ん?このコラージュしたようなカラフルガムテープは??

ogibook005.jpg

開けてみるとこんな感じ!

このコラムでも毎度お馴染み、世田谷・経堂で「stock」という店を営む、

コラージュ作家のオギハラナミさんが作ったラッピングの本を送ってくれたのでした。

ogibook006.jpg

オギハラさん初めての本です!!

手に取ってみると、かなり分厚い。144p+巻末にオマケ付きです。

ogibook007.jpg

ページを開くと、色とりどりのラッピングがズラーリ!!

これは迫力。テンション上がりますね。

色や素材選びにもオギハラさんらしさが光っています。

カラフルでチャーミングな写真の数々に、

「こんな素敵なラッピング、本当に自分にできるかな?」と一瞬ひるみますが、

オギハラさんも自分が不器用だったからこそ、

かわいく見えるラッピングを研究した、と心強い言葉が書かれています。

また、オギハラさんの使う素材は、本来のラッピング用品ではないことも多く、

外国の切符の切れ端だったり、野菜の梱包に使う業務用資材だったり。

そういう自由でおおらかなアイデアとセンスが、

この本からふんだんに得られるのではないかと思います。

ogibook008.jpg

ページをちら見せ。

「フード」と「雑貨」に分けて、アイテム別に150種類ものアイデアが掲載されています。

かなり盛りだくさんですね!!

実用度も高く、難しいラッピング技術というよりは、

包むものと、ラッピングする素材を活かしたコラージュ的な発想で、

シンプルなアイデアが多いので、

気軽に試せそうなものがいっぱいあります。

ogibook009.jpg

巻末には、オギハラさん独特なセレクトのラッピングペーパーが15ページ分も付いています。

ぜひ本屋さんで手に取ってみてください!!

------------------------------------------------------

雑貨&フード ラッピングブック: 身近な素材と色合わせで楽しむ アイテム別アイデア150

オギハラナミ

誠文堂新光社 ¥1500+税

http://amzn.asia/0OZqRuq

-------------------------------------------------------

オギハラさんの店「stock」

http://stock-zakka.shop-pro.jp

hoshiya002.jpg

料理家、星谷菜々さんが新しくアトリエをオープンしたというので、遊びに行ってみました。

ビルの2階にひっそりと佇む、秘密の部屋のようなアトリエ。

星谷さんらしい、夢のようにロマンティックな空間です。

hoshiya004.jpg

hoshiya005.jpg

ドライフラワーやアンティークを上手にディスプレイした、壁の使い方が素敵すぎる!!

ここでは、普段星谷さんの仕事場として使われる他、

イベントやワークショップなども行われるため、

その時はオープンして誰でも訪問することができます。

hoshiya003.jpg

mtもさりげなく使われております。

無地のくすんだ色合いのものを使って、アンティークっぽく馴染んでいる様子。

hoshiya000.jpg

こちらはパリのアーティスト、イザベル・ボワノさんが描いた花のイラスト。

ラッピングペーパーとしてデザインしたそうですが、

このように壁に飾っても可愛い。

なんと、イザベルさん、現在下北沢のfogにて個展も開催されているそうですよ。

さらに星谷さんのアトリエでも17日よりイベントを開催!!

花とお菓子がテーマの「パリの甘い花」。

イザベルさんの作品の他、アンティークや花のあしらい、星谷さんのお菓子も並ぶそうです。

星谷さんのHP、またはインスタを要チェックです!

hoshiya006.jpg

前回の訪問時にいただいてきた星谷さん手作りのお菓子。

優しくて自然な味わいが、とっても美味しいんですよー。

---------------------------------------

星谷菜々さんHP「apron room」

http://www.apron-room.com

最近発売された切手がヒットでした。

omu001.jpg

和の食文化シリーズ、第3章。

おむすびの切手です。

天むす、おいなりさん、お赤飯、太巻きもあります。

日本郵便のHPを見ると、各おむすびにまつわる歴史や文化の説明が載っています。

omu002.jpg

この切手シート、こうやって畳むことができます。

おむすびを包む、経木のかたちにデザインされています!!

omu003.jpg

裏にはたこウインナーとたくあん、そして緑のバラン。

これらも日本の食文化に欠かせないものですね、笑。

最近の切手は、遊び心のあるものが時々見つかるので、チェックするのが楽しいです。

--------------------------------------------------------

日本郵便

http://www.post.japanpost.jp/

大阪では、中之島や北浜のエリアが好きです。

比較的静かで落ち着いており、古い建物がたくさんあります。

今回訪ねたのは、大阪府立中之島図書館。

創業100年の歴史があり、建物の一部は国の重要文化財です。

tosyokan01.jpg

この建物に毎度圧倒されます。

中之島って、パリのシテ島みたいですよね。

文化財級のクラシックな洋建築が立ち並び、

この辺りを散策していると、ここはフランス?と錯覚してしまいます。

tosyokan02.jpg

中へ入ってみると、この階段。まるで宮殿??

このような素晴らしい建物が日常に身近にあることが羨ましい。

tosyokan03.jpg

天井にはステンドグラス。

教会のような、厳かで静粛な雰囲気です。

tosyokan04.jpg

廊下も風情があります。

奥へ進むとカフェや、文具店がありましたよ。

文具店にはmtも販売されていました。

図書館らしい柄がセレクトされています。

tosyokan06.jpg

お隣の大阪市中央公会堂もいい建物です。

こちらも国指定重要文化財です。

----------------------------------------

大阪府立中之島図書館

https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/

プロフィール

江澤 香織
インテリア、雑貨、料理、ライフスタイルなどを中心に、新聞・雑誌・広告・WEB等でフリーライター、コーディネーターとして活動。All Aboutにて雑貨ガイド担当。
http://allabout.co.jp/living/zakka/
過去の記事はこちら
ARCHIVE