mt masking tape

コラム | マスキングテープ「mt」- masking tape -

花ぱん?

群馬県の桐生市というところへ行っていたのですが。

hanapan001.jpg

ん?花ぱんって??

妙にレトロなロゴとネーミングが気になる・・・。

入ってみることにしました。

hanapan002.jpg

花ぱん。これですね!

素朴でかわいい雰囲気のパッケージ。

100年以上の歴史を持つ、桐生の郷土菓子だそうです。

桐生天満宮の梅紋をモチーフにしているので、花の形です。

桐生市内のお菓子屋さんでは、花ぱんを作っている店がいくつかあるそうです。

私たちが行ったのは小松屋。創業明治29年という老舗でした。

そして店の奥にふと見つけてしまった。

hanapan003.jpg

ナニコレ!!!!

箱のデザインが民藝的ですごく素敵です。

わーっ!素敵だ素敵だ!とはしゃいでいたら、きれいに包んでくれて、紙袋に入れてくれました。

hanapan004.jpg

紙袋のデザインもいいですねー。

よくよく聞いてみると、小松屋の近くにある「芭蕉」という喫茶店の初代店主・小池魚心さんという方が、デザインを手がけたとか。小池さんは料理人でありながら芸術にも造詣が深く、染色家で版画家でもあったそうです。

実はここへ来る前に偶然、芭蕉にも行っていたのですが、棟方志功の壁画に、おびただしい民芸品の数々が並ぶ、ものすごい古民家喫茶店だったのでした!おおお、なるほど、そうだったのかー、と合点!

hanapan005.jpg

改めて、包装紙デザインをUP。

ものすごくシンプルなんだけど、手書きの感じがなんとも味があっていい雰囲気。

文筆家・甲斐みのりさんの著書「お菓子の包み紙」の大扉にもなっているそうです。さすが!

こういうデザイン、大事にしたいですね。

hanapan006.jpg

購入後、しばらく桐生の街を散策していたら、

あれ?さっきの小松屋の店主がこちらに近づいて来るではないですか!

「きっと好きじゃないかなと思って。これ、よかったら差し上げます」と差し出されたのは古いマッチ箱!

きゃあ、嬉しい!!!

とってもかわいいお土産と思い出をいただきました。

hanapan007.jpg

花ぱんもとても美味しかったです。

味は昔食べた「甘食」に似ているかなー。

周りが砂糖でコーティングされているので、甘食よりややむっちり詰まった食感。

和製ビスコッティ(というほど硬くないけど)みたいなイメージで、コーヒーにめちゃくちゃ合います。

ごちそうさまでした。

---------------------------------------

小松屋

https://hanapan.jp

コラム一覧に戻る

ARCHIVE

江澤 香織

江澤 香織
インテリア、雑貨、料理、ライフスタイルなどを中心に、新聞・雑誌・広告・WEB等でフリーライター、コーディネーターとして活動。All Aboutにて雑貨ガイド担当。
http://allabout.co.jp/living/zakka/