mt masking tape

コラム | マスキングテープ「mt」- masking tape -

小さなアーティストプロジェクト(前編)

東京・青山へ行ったらちょこちょこ覗いている、大好きなギャラリーがあります。

kodomoart001.jpg

ビルの廊下の奥にひっそり佇むギャラリー「ギャルリーワッツ」。

いつもお洒落でピリリと粋なセンスが光る、素敵な作品を展示しているのですが、

この日は入り口に何やら不思議な大きな画用紙??

kodomoart002.jpg

中に入って驚きました。

これら全部、子供達がつくりあげたアート。

「小さなアーティストプロジェクト『わ Wa ◯』」

未就学児から高校生までが参加しているそうです。

kodomoart003.jpg

子供達の素直な感性と、驚きの発想力、そして思いがけないユーモア。

見ていてワクワクするような作品ばかりでした。

kodomoart004.jpg

例えばこちら。なかなかリアルなお魚です。凝ってますね。

まるで本当の生きたお魚のように段ボールに入って送られて来たので、そのまま展示したんだそうです。

kodomoart006.jpg

愉快な陶器のお面は6歳の女の子が作った「魔法仮面」。

陶芸家のお父さんと一緒に作ったそうですが、ほのぼのとした表情がいい感じです。

これをつけるといろんな魔法が使えるんですって!

kodomoart010.jpg

なかなか作品が作れなくて悩んでいたという男の子。

アート教室の先生に急かされ、ギリギリの時間でいきなり殴り書きが始まったとか。

主に先生への悪口(?笑)だそうですが、感情の爆発加減がよく出ていて、

どこか哲学的でもあり、文字にもあじわい深さがあります。

kodomoart005.jpg

お父さんが照明を作るアーティストだという息子さん。5歳。

たくさんの照明のデザインが描かれていました。アートっぽさもあって上手です。

これを見たお父さんは涙ぐんでいたそうです。

kodomoart007.jpg

こちらは17歳の高校生の作品。

お父さんは木の家具などを作る職人さんだそうで、

木の板に、木目に合わせてものすごい細かな絵が描かれています。

kodomoart008.jpg

近づいてみると、こんな感じ。

ドキっとする様な精巧さです。

元々は夕飯の前に暇つぶしでメモ帳に描いていた絵だそうですが、この才能は尋常じゃないですよ!

本人は至って普通のサッカー少年だそうですが、周りの激推しもあり、今は芸大を目指しているそう。

-------------

この「小さなアートプロジェクト」は、ギャラリーの前オーナーだった川崎淳与さんが始めた試みです。

ご縁のあった所沢の保育園と一緒に、子供達の作品を発表する場として、2000年から10年間行われていました。

ギャラリーでプロのアーティストや感度の高いお客様に見てもらうことで、

子供達にとっても、その親にとっても、新たな感性を開花させるいい機会であり、大きな経験になる。

それは「感性の種まき」なのだ、という思いが込められていました。

実際に、当時の子供達が海外で活躍する様なアーティストへ育っていった例もあるそうです。

川崎さんは昨年惜しくも旅立たれてしまいましたが、闘病中より、子供たちのアート展を復活させたい、

という願いを持っておられたそうです。娘の詩野さんが、それを引き継ぎ、思いを繋げました。

今回の展示はもう終了してしまいましたが、今後もこのプロジェクトは続いていくそうです。

-------------

さて、実はまだ紹介していない、私がめちゃくちゃツボった作品があったのですが、

結構長くなってしまったので、次回にご紹介いたします。

------------------------------------------------

ギャルリーワッツ

https://www.wa2.jp

コラム一覧に戻る

ARCHIVE

江澤 香織

江澤 香織
インテリア、雑貨、料理、ライフスタイルなどを中心に、新聞・雑誌・広告・WEB等でフリーライター、コーディネーターとして活動。All Aboutにて雑貨ガイド担当。
http://allabout.co.jp/living/zakka/