mt masking tape

コラム | マスキングテープ「mt」- masking tape -


  • 渋谷スクランブルスクエアが11月1日オープン

    skystage001.jpg

    視界360°!!

    東京のビル群がぶわわーんと、眼前に!!

    渋谷スクランブルスクエアの内覧会で展望施設「SHIBUYA SKY」へやってきました。

    11月1日にいよいよオープンします。

    skystage002.jpg

    地上47階。渋谷最高峰の230m。

    囲いは全面ガラス張りで、

    端っこへ行くとちょっと足がすくみます。

    空中散歩するような、かなりの迫力。

    ここへたどり着くまでのエレベーターの演出などもユニークなのでお楽しみに。

    skystage003.jpg

    こんな風にソファをあしらったラグジュアリースペースもあります。

    夜景の時間まではいられませんでしたが、きっと素晴らしい風景でしょうね!

    skystage004.jpg

    さてさて、階を降りてみるとお土産コーナーが。

    屋上に上った人だけが買えるお菓子やオリジナルグッズも売っています。

    skystage005.jpg

    早速マステチェック!

    やっぱりありました(左下)。

    こちら、JRのペンギンちゃんシリーズや、東急線の路線をあしらったマステ。

    合わせて電車グッズがいろいろ。

    skystage006.jpg

    こちらにあったのは、日本全国の郷土玩具シリーズ。

    こけしや狛犬柄などなど〜。

    skystage007.jpg

    葛飾北斎に鳥獣戯画、

    日本の名画シリーズもありました。

    全体的に日本らしいものを意識してセレクトしているようですね。

    デザイン的にもやや大人の雰囲気で、

    新しい渋谷を演出しているようです。

    いわゆる展望台にありがちなキッチュなグッズは見当たりません。

    (それもそれで嫌いじゃないのですが)

    コインで作るメダルとか、タワーの置物とかありません。

    skystage008.jpg

    でもこれはアリ!

    スノードームの中に、渋谷の風景が閉じ込められています。可愛いですね。

    --------------------------------------

    渋谷スクランブルスクエア

    https://www.shibuya-scramble-square.com

    2019年11月1日オープン

    渋谷スクランブルスクエアが11月1日オープン

  • フィンランドのテキスタイル

    フィンランドのテキスタイルブランド「ラプアンカンクリ(LAPUAN KANKURIT)」が、ひっそりと表参道にオープンしました。

    キャットストリートの一本裏手の静かな通りにあります。

    lapuan001.jpg

    小さな店内にはいいものがギュギュッと詰まっておりました。

    lapuan002.jpg

    ラプアンカンクリは、ヘルシンキから北西へ400km、人口15000人ほどの小さな町「ラプア」で1917年に創業した老舗テキスタイルメーカーです。

    店の内装デザインは、マリメッコなどを手がけている設計事務所イマ。

    lapuan003.jpg

    フィンランドならではのナチュラルで綺麗な色使いとデザイン。

    自然をモチーフにした絵柄も多いです。

    リネンはデザインの種類も豊富!!

    lapuan004.jpg

    北欧好きにはお馴染み、陶芸家でイラストレーターの鹿児島睦さんや、マリメッコやアルフレックスなどのデザインを手がける鈴木マサルさんがデザインされたブランケットなどがありました!フィンランド在住のテキスタイルデザイナー、吉澤葵さんのデザインも優しい色合いが素敵です。

    lapuan005.jpg

    入り口にさりげなく下がっていたリネンバッグも可愛い。

    バッグだからバク、とかちょっとダジャレ的に持ってもいいかも?!

    (白いものはシマウマみたいです)

    -------------------------------------------------------

    ラプアンカンクリ(LAPUAN KANKURIT)

    https://lapuankankurit.jp

    フィンランドのテキスタイル

  • 台湾のパッケージデザイン

    近年の台湾のセンスの良さには目を見張るものがありますが、

    今回訪ねた台南や屏東(ピントン)でも、おしゃれデザインを多々見つけました。

    taiwan-beer.jpg

    こちらはビールです。

    台湾ではクラフトビールの工房が続々と増えているようです。

    瓶のラベルのデザインがつい気になってしまいます。

    fuwanchoco.jpg

    屏東にあるBean to barのチョコレートメーカー「フーワンチョコレート」。

    ビビットな色使いとモダンでグラフィカルな図案が

    オランダか、北欧かな?と思わせるようなパッケージ。

    可愛くて箱が捨てられません。

    そしてチョコレート自体もとっても美味しいのです。

    kamibukuro.jpg

    最後に紙袋も素敵なのでご紹介。

    なぜか赤いものが多く集まりました。

    お茶屋さんでもらったものが多いですが、

    左下は「林百貨」というデパート。

    クラフト感のある品物のセレクトが良く、古く味わいある建物にも趣があります。

    台湾は台北だけでなく、南の方へもぜひ行ってみてください!

    台湾のパッケージデザイン

  • 台湾の茶藝館

    台湾へ行ってきました!!

    今回訪ねたのは台北ではなく、台南地方。

    台北が東京だとしたら、台南は京都のようなイメージ。

    古い建物がたくさん残っていて、味わい深い雰囲気があります。

    tainancya001.jpg

    古民家をリノベーションした茶藝館がありました。

    日本人が建てた建物で、元は食堂だったそうです。

    tainancya002.jpg

    朝早めだったので店内はガラガラ。

    しんと静かな落ち着いた雰囲気でした。

    窓の外では太極拳をしている人たちを眺めることができました。

    tainancya003.jpg

    棚にずらりと並んだお茶の箱。

    販売しているお茶の種類も豊富です。

    パッケージのデザインが美しくおしゃれで、つい見入ってしまいます。

    tainancya004.jpg

    よくよく見ていたら、商品名と値段表示にマスキングテープを使っていますね。

    台北では何度もmtのイベントをやっているので、台湾全体にもだいぶ浸透してきている感じです。

    台南は台北に比べると、古くからある老舗のようなところが多いですが、

    そんな中にちょこちょこと若い人が始めた店も入り混じって、

    古いものの良さをうまく活かしつつ、モダンな印象を醸し出した、いい感じの店がちらほらと見つかります。

    そんな人々がmtをおしゃれに使っているようです。

    tainancya005.jpg

    オリジナル?のマスキングテープも売っていました。

    日本では見かけない珍しいデザインのものもあったりして面白いです。

    ---------------------------

    十八卯茶屋

    台南市民權路二段30号
    Tel.(06)221-1218

    台湾の茶藝館

  • サスティナブルをテーマにした店がオープン

    代官山に新しくオープンしたお店「style table DAIKANYAMA」へ行ってみました。

    sas001.jpg

    こちらの店のコンセプトは

    「自分にとって心地いいことが、地球環境にとってもやさしく

    家族にとって健康的なことが、誰かの未来が良くなるように」

    「サスティナブル」「エシカル」「ヴィーガン」などをキーワードに、

    安心安全な原材料や、生産地へのこだわり、

    地球環境への配慮がなされたコスメやフード、ライフスタイルグッズなどを

    約400アイテムセレクトしているそうです!

    sas002.jpg

    一見、コスメキッチン??という雰囲気もありますが、実は全然被ってない!

    上記コンセプトの元、まだ世の中に知られていない、新しい商品も多くセレクトしているそうです。

    良いものだけれど少量生産だったり、宣伝・販売手段を持っていなかったり、

    埋もれてしまいがちなお宝を発掘し、スポットを当てて行きたいとのこと。

    今後は特に、日本の商品に力を入れて行きたいそうです。

    sas0011.jpg

    商品には全て写真のような表記があり、この頭文字を参考にしながらもの選びができます。

    ものの由来・背景を知り、自分の意思で価値ある商品を選ぶ、

    こういった買い物の仕方を求めている人が増えているように感じます。

    sas004.jpg

    sas005.jpg

    もちろん、パッケージデザインの美しさも魅力。

    ギフトに良さそうなアイテムが多く揃っています。

    スキンクリーム、バスアイテムなどコスメ系は充実していて、価格帯もリーズナブルで買いやすい。

    お茶、調味料などフードアイテムもあります。

    sas003.jpg

    こちらはミャンマーで作られるオリジナルのコーヒーと、

    ちょっと珍しい、ラオスのコーヒーの実から作られるお茶「カスカラ」。

    店のオリジナル商品として販売しています。

    カスカラって、コーヒーマニアには刺さるのでは!

    階段を登って2階なので、ちょっと見つけにくいかもしれませんが、

    いいものが揃っているので、ぜひ覗いてみてください。

    8月31日より、オンラインショップもスタートするようです!

    -------------------------------------------

    style table DAIKANYAMA

    https://style-tokyo.com

    サスティナブルをテーマにした店がオープン

  • 広島で、レコード屋さんと思いきや

    広島で立ち寄ったお店です。

    kanban.jpg

    アメリカ西海岸にでもありそうな、おしゃれな看板!

    気になったので、中へ入ってみました。

    record.jpg

    またまた、おしゃれなジャケットがずらり!!

    わーん、どれにしようかな?

    ジャケ買いしちゃいそうですね。

    record2.jpg

    せっかくだから、レコードかけちゃいますよー。

    ・・・ていうか、これチョコレートやん!!

    choco1.jpg

    そうなんです。よくよくみたら、全部チョコレート!!

    奥には製造工房もあって、カカオ豆から作るBean to barのチョコレートです。

    店主はデザイナーでもあるそうで、パッケージは全部自身でデザインされたそうです。

    めちゃくちゃおしゃれですね。

    choco2.jpg

    紙好きにはたまらない。パッケージが捨てられない!

    レコードジャケットタイプは、遊び心ある店主のアイデア。

    最初はカカオの産地などで絵柄を分類していたそうですが、

    ジャケ買いしたいお客さんがあまりにも多いので、

    好きなチョコレートに好きなデザインのジャケットを選んで買えるようにしたそうです。

    terrace.jpg

    店の前には海があり、こんな素敵なテラス席も用意されていました。気持ちいい!!

    ここでのんびり、コーヒーやカカオドリンク、カカオソフトクリームを楽しめます。

    良い店を見つけちゃいましたー!

    ---------------------------------

    rit. (リタルダンド)
    https://rit-craft-chocolate-and-coffee.business.site

    広島で、レコード屋さんと思いきや

  • ヨックモックの文房具!

    ヨックモックといえば、

    くるりんと巻かれた、繊細なビスキュイのお菓子「シガール」が有名です。

    子供の頃から食べていた、親しみ深いお菓子でした。

    そのヨックモックが、2019年で50周年だそう。

    それを記念して、お菓子をモチーフにした文房具「ヨッ具モッ具(ヨッグモッグ)」が販売されるそうです!!

    sub1.jpg

    シガールの缶のデザインがモチーフになっています!うわー!

    今まで何でなかったのでしょう??

    この缶の模様がエレガントでヨーロッパ的で大人っぽいなあ、と思っていましたよ子供の頃。

    初代シガール缶デザインのペンケース、一筆箋、封筒、マスキングテープ、ペン、

    そしてシガールシール、ロゴ入りのクリアファイル、などなど。

    ペンケースはシガールが3本入るのにぴったりのサイズだそうです。

    ヨックモックの世界観がそのまま表現されている、素敵なデザインですね!

    設立50周年の当日となる、2019年8月8日(木)より、青山本店で発売!

    お菓子と文具好きな方は、どうぞお見逃しなく。

    --------------------------------------

    株式会社ヨックモック

    https://www.yokumoku.co.jp/

    ヨックモックの文房具!

  • 広島空港に恐竜が?!

    広島空港で不思議なものを発見しました。

    h-kyoryu001.jpg

    レストランがある3Fの一角にずらりと並ぶ、恐竜たち?!

    躍動感があって、今にも動き出しそう。

    なかなか精巧なオブジェです。

    h-kyoryu002.jpg

    うわー。

    空を飛んでいるのもいますよ。

    h-kyoryu003.jpg

    しかしこれら、よくよく見たら、全部再生紙でできているのですって!

    紙で作られた恐竜だったのですね。すごい。

    h-kyoryu004.jpg

    作者は亀井由美子さん。

    13歳より日本画を学び、女子美の造形科を卒業。

    「カメイ造形研究会」という名前で、子供の創造性を育てる活動を行っているそうです。

    恐竜は制作ごとにナンバリングして、25年間で17000体にのぼるとか!

    恐竜を通して、環境保護の大切さを伝えるワークショップも開催しているようです。

    広島空港に恐竜が?!

  • デザイナー 五十嵐威暢のMoMAトランプ

    4a26bc89d5b6776c3ccdcb88a63796f9.jpg

    このトランプ、とても素敵なデザインですよね!

    1993年にニューヨーク近代美術館「MoMA」から

    グラフィックデザイナー・五十嵐威暢氏が依頼を受け、デザインしたトランプなんだそうです。

    五十嵐氏といえば、アクソノメトリック図法(軸測投影図法)

    と呼ばれる図法のアルファベット作品が有名です。

    明治乳業、サントリー 、三井銀行、多摩美術大学 など、錚々たる企業のVIデザインや、

    MoMAのカレンダー、またプロダクト商品も多く手がけ、世界で高い評価を受けています。

    上の写真のトランプは、もう廃盤になってしまいましたが、

    麻布十番にお店がある「designshop」の店主さんが、

    こちらのトランプを復刻させるための活動をされています。

    クラウドファンディングを立ち上げ、賛同してくれる方を募っています。

    https://camp-fire.jp/projects/view/158227?fbclid=IwAR2C_YWfkJyO0z6BWMLshNcu7VNrQ0ub9LfB8sHXdmqdzLzK6q7W9YLNSjw

    _MG_6605.jpg

    トランプとして遊んでもいいですが、

    こんな風にインテリアとして部屋に飾っても素敵です。

    designshopでは、五十嵐氏のプロダクト商品も多く扱っているそうなので、

    興味のある方はぜひ、店へも行ってみてください。

    すっきりと洗練された商品が多く、とても気持ちのいいお店です。

    デザイナー 五十嵐威暢のMoMAトランプ

  • 吹き戻しの里へ

    「吹き戻し」って知ってますか?

    淡路島にこんな建物がありました。

    fukimodoshi01.jpg

    うーん、色合い的には北欧の大手家具ブランド「イ◯ア」風。

    せっかくなので、中へ入ってみることに。

    fukimodoshi02.jpg

    ??

    カラフルな模様が付いた短冊状の紙がズラーッと。

    fukimodoshi03.jpg

    わー。

    よくよく見ると、レトロな模様で可愛いです。

    好きな柄を選んでみます。

    fukimodoshi04.jpg

    こちらも、好きな色を選びます。

    だんだん分かってきましたよ。

    「吹き戻し」とは、お祭りや縁日などで売っている、笛のおもちゃ。

    ピロピロ〜ッと、細長い紙が開いたり巻き戻ったりする、アレです。

    ここでは、好きな素材を選んで、吹き戻しを自分で作ることができるんです。

    fukimodoshi05.jpg

    はい。できました!

    吹き戻し作り、なかなか楽しいです。

    オプションでピエロもつけられます。

    いろんな色や柄があって、組み合わせに悩みました。

    カラフルでかわいい!

    500円で6個作れますよ♬

    fukimodoshi10.jpg

    館内には、こんな面白吹き流しもありました。

    ペダルを押すと、タヌキがピーヒャラ〜

    fukimodoshi11.jpg

    こちらも、全部吹き流し!!

    ヒゲの部分まで、ピロピロ〜と動きます。凝ってる!!

    なんだかほのぼのとした雰囲気で、癒されましたー。

    淡路島へ行くことがあったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

    ちなみに6月6日は「吹き戻しの日」だそうです。

    ---------------------------------------------------------

    吹き戻しの里

    http://www.fukimodosi.org

    吹き戻しの里へ

ARCHIVE

江澤 香織

江澤 香織
インテリア、雑貨、料理、ライフスタイルなどを中心に、新聞・雑誌・広告・WEB等でフリーライター、コーディネーターとして活動。All Aboutにて雑貨ガイド担当。
http://allabout.co.jp/living/zakka/