江沢香織の mt LIFE & STYLE

2012年8月のアーカイブ

アーモンドを買ったら

 

armond1.jpgとある食料品店で買ってきたアーモンド。

こういうのって、留めてあるあのつるっとしたテープが、微妙にイライラするんですよね。

ハサミでサクっと切ってしまえばいいんですが、うっかり手で外そうと思うと、

なかなか剥がれなくて、あ〜、もうっ!ってなる。

今回もそんなイライラ覚悟でテープに手をかけると・・・

 

armond2.jpgあれ?するっとちぎれました。

というかこれ、マスキングテープでした。

最近は食料品店でも普通に使われだしているようです。

イライラを想定していただけに、思った以上に快適です!食品系にもどんどん使って欲しい。

 

 

トラフの展示

目黒にあるCLASKA Gallery & shop "Do"にて「トラフのコローロ展」が開催中。

トラフ建築設計事務所といえば、まず思い出すのが「空気の器」

 

cololo1.jpgまるで実体のないような、儚げで繊細でファンタジックな世界が広がる、空気の器がふわりふわり。紙にほそ〜い切れ目を入れ、ぐいっと持ち上げて自立する立体の器に仕立てています。そういえば七夕の飾りにも、こういう発想のものありましたよね。

 

cololo2.jpgそして今回のメイン展示は、トラフが今年6月に発表した新商品、コロロデスク、コロロスツール。中央にあるのはミナ・ペルホネンとのコラボ作品です。

 

cololo3.jpg一見ロボットみたいな動物みたいな、どこか愛嬌があってひょうきんなフォルムの家具。積み木のようなパズルのような、ユニークなかたちです。色もカラフルで楽しい家具ですね。椅子もまるで跳び箱みたい。愛おしさを感じるかたちです。

 

cololo4.jpg近づいてみると・・・。小学生のときに憧れた秘密基地みたいなワクワク感があります。あちこちにパタパタと開け閉めできる扉があって、ランプを入れたり、植物を飾ったり、自分だけのオリジナルで様々な工夫ができます。

 

cololo5.jpgいろんなところから覗いてみると、覗く角度でまた違った空間を発見したり。部屋の中にまたもう一つの部屋があるみたいですね。

この展示は9月9日(日)まで開催していますので、ご興味あるかたはぜひ。

 

トラフ建築設計事務所

http://torafu.com

CLASKA Gallery & shop "Do"

http://claska.com

 

 

おいしいパン屋さん

 

carre1.jpgまた島根に行っておりました。こんな店構えの小さなお店。

近づいてみると・・・

 

carre2.jpgパンの文字。

シンプルな看板だけど、分かりやすいですね。

これ、マスキングテープ使ってます。

 

carre3.jpg店内には、店主の旅の思い出がさり気なく飾られています。

 

carre4.jpgパンはフランス風のトラディショナルなものから、日本人に馴染みやすい菓子パンもあったり、特にこだわらずいろいろと揃えているそうです。午後に行くともう品数わずかになってしまう、人気のパン屋さんです。パンの名前と値段は、木のかけらにテープを貼って。何気ないけど、かわいい見せ方ですね。

 

CARRE(カレ)

島根県松江市殿町320

 

 

・レ。シ・クTOP、リ